サラ金の審査の基準とは

サラ金ではどのような基準で審査をしているのでしょうか。
サラ金とはサラリーマン金融のことで、今でいうキャッシングサービスです。

与信情報を調べる

審査の内容は大体どこのサラ金でも共通しており、
消費者金融で共有しているデーターベースにより申込み希望者の
与信情報を調べています。

年収やその他の情報

他にも年収や年齢に家族構成、持ち家があるか固定電話があるかや
どのような職業についているかを調べることで審査をしているのです。
これを総合して返済能力があると判断されますとサラ金からお金が借りられるのです。

審査の基準については各会社によって異なる

ただ項目はどこの会社でも大体同じなのですが、基準はそれぞれの会社によって違います。
一般的には甘いところほど金利が高く、厳しいところほど金利が安い傾向があるのです。
また厳しいところは大体大手や銀行系の会社であることが多くサービスも充実しています。
ですのでどう考えても厳しいところから借りたほうがメリットがあります。

どうしても借りられない場合には中規模な会社から借りる必要がありますが、
どれだけお金が必要であってもきちんと診断をしないところから借りてはいけません。

与信が悪く金融事故歴があるのに借りれる場合は違法業者の可能性が高い

例えば無職でも金融事故をした人でも借りられるところがありますが、
このようなところは必ずといっていいほどヤミキンなのです。
常識的に考えて無職の人は返済能力がありません。
それでも貸付をするということは、返済ができなくなれば
もっと金利の高い闇金を紹介して借りさせて儲けようと考えているのです。
ですので絶対に安易に借りてはいけません。