サラ金を踏み倒しすることはできない

サラ金から融資を受けるなら必ず全ての借金は返済しなければなりません。
大きな金額を借りた場合など、サラ金を踏み倒しできるかどうかを
考えてしまうことがあるものですが、実際には不可能なことを知っておくと良いです。
どうしてサラ金を踏み倒しすることが不可能なのかと言いますと、
融資を受けて返済を放置すると必ず催促されます。
催促や督促状というのは無視しますと訴訟に発展することになるので、
最後は裁判でサラ金と争うことになります。

返済から逃げてもデメリットしかない

これを知っておきますと、踏み倒すことが不可能なことは簡単に
理解することができます。また、中途半端に借金から逃げることを考えると、
デメリットしか残らないので、もし本気で逃げるつもりなら覚悟を
持っておくことが大切です。

返済に遅れると遅延損害金がかかり、余計に返済する必要がでてくる

中途半端に返済を無視したりすると、結局は遅延損害金など
高利率で返済をすることになるので、全くメリットがありません。
どうせ借金を踏み倒すなら夜逃げでもする覚悟がいります。

返済の事を考えて借入をする

別の方法であれば、サラ金の経営状況が悪化して倒産する
可能性がある場合などに会社が融資を回収するという義務を
放棄するケースがあります。

これだと、借金の返済の時効を利用することができるので、
返済する必要がなくなります。しかし、この方法というのは
狙ってできるものではなく、契約先のサラ金の経営状況がポイントになり、
時間もかかるので、結局はしっかりと返済をして借金を完済するほうが楽であり、
自由になることができます。