融資条件がうますぎるときは要注意

消費者金融のキャッシングを利用するときには、多くの人が
インターネットで検索をして業者選びをします。
このとき、あまりにも融資条件が上手すぎる場合には、
逆に借り入れをするのは一旦考えた方がよいでしょう。

賃金業協会に登録していない違法業者も存在する

近年ではネットで公告を出すことが用意になってきたこともあり、
実際には貸金業協会に登録していない、違法業者が業者のふりをして
利用者を募っていることがあります。
こういった業者の傾向としては、大手の消費者金融に酷似した
業者名やサイトを作ったり、金融事故を起こした人でも融資可能、
即日振り込み、超低金利、審査なしなど非常に融資条件が魅力的に
なっているというものが挙げられます。

違法な金利であったり違法な取立てをされる可能性があるので絶対に利用しない

過去に金融事故を起こしていたり、仕事を転々としていて
借り入れを断られている人などは、こういった甘い融資条件につられて
個人情報を公開したり、保証金を支払って借り入れをしようとしてしまいますが、
一旦申し込みをすると法律で定められた上限よりも高利の支払いを請求されたり、
個人情報を業者に売られたり、恫喝や周囲への個人情報バラまきなどで
資金を回収しようとしたり、保証金だけを受け取って姿を消すなどの
様々な被害を蒙る可能性があります。

こういった被害に遭っても、ネットだけの関係ならば業者が姿を消すのは
非常に簡単で、警察に相談しても捕まえるのはほぼ不可能です。
融資条件が良いということは、これだけのリスクをはらんでいる可能性もありますので、
できれば信頼性の高い業者を利用しましょう。